優良なピアノレッスン教室を見つけるポイント

ピアノ技術を習得する

ピアノを弾く手

ピアノを弾けるようになる

子どものころピアノレッスンに通っていた、または友だちがピアノレッスンに通っていたという経験を思い出す人も多いことでしょう。なぜ、楽器を習う際にピアノが選ばれやすいのでしょうか。ピアノレッスンを行う際には、まず音符を読むことから始めます。音符を読むことができなければ、そもそもピアノを弾くことができないからです。音符は「おたまじゃくし」とも言われ、学習しない限りなかなか自然と身に付くことは難しいジャンルです。ピアノレッスンを通じて音符を学習し、その後ピアノに触れていくことで、ピアノを弾く楽しみを覚えるだけではなく、ピアノの技術の向上、さらには音感の習得にもつながります。もちろん、ギターやベースなどほかの楽器という選択肢もあります。しかし、それらの楽器はピアノと違い、譜面には単純に音符が並べられているわけではありません。そのため、ピアノはすべての音楽の基礎としての役割も担っています。小さい頃にピアノを習い、その後中学、高校と進むにつれて他の楽器に手を出すこともできます。では、ピアノを教える側はどうでしょうか。ピアノをまったく触ったことの無い人にピアノを教えるのは至難のわざです。まずは、ピアノを弾けるようになることよりも、ピアノを好きになってもらうことから始めましょう。好きという気持ちはやる気につながり、やる気さえあれば技能習得につながります。一つずつ段階を踏むことが、ピアノ技術を習得する近道となります。