優良なピアノレッスン教室を見つけるポイント

頭が良くなるピアノ

ピアノ

賢い子はピアノを習う

最近の調査では、難関大学の学生が子供のころにやっていた習い事の上位には音楽系の習い事、特にピアノが入っているそうです。ピアノレッスンのどのような点が脳によいとされているのでしょうか。まず、ピアノを演奏するには、当然ながら、右手、左手を使いますが、それと同時にペダルを足で踏むことになります。同時に右手、左手、足を使うというのは、大人になるとなかなか簡単にはできない動作です。これを子供のころから習慣的にやっているということは、右脳も左脳も使い、脳を効率的に使う訓練ができているということになります。次にピアノレッスンでは、右手と左手を同じように動かすだけではありません。右と左でリズムが違っていたり、左手で伴奏的なもの、右手でメロディ的なものを弾く場合もあります。またはその逆で、右手で伴奏、左手でメロディなどの場合は思った以上に複雑で、手にその動きを覚えこませるまで練習しないとなかなか弾けるようになりません。このような点で、根気強く、あきらめず、つづける力がとても大事になってきます。この点においても、子供のころにピアノレッスンを受けたことがある人は、あきらめない力を発揮できるのではないでしょうか。さらに、ピアノで演奏するものは、クラシックだけと決まっているわけではありません。もちろん、ショパンやベートーベンの曲を弾けるようになるには何年ものピアノレッスンを受けた人でないと難しいのですが、例えば、ゲームミュージック、アニメの音楽、ポップスなど、世の中にはさまざまな楽譜が売りだされています。このようないろいろなジャンルの音楽を聴き、演奏することで、感受性も豊かになります。勉強だけでなく、情操教育にもつながってきます。